子ども・子育ての居場所を創る「古民家活用プロジェクト」
地域と子どもに関するアンケート報告

             日野市市民活動支援補助事業 古民家活用プロジェクト

「地域と子どもに関するアンケート」を行った経緯

当団体は2018年10月に日野市の空き家活用マッチング事業で西平山の古民家に事務所を移転いたしました。
昔に比べると、家庭や学校以外に子どもたちが自由に過ごす「子どもの居場所」が少なくなっています。 子どもたちの未来を考えた時、私たち大人が真剣に「子どもの居場所やあそび場」について考えることが必要と考えています。
そこで、当団体の活動拠点となった西平山の古民家を活用して地域の皆さまといっしょに子ども・子育ての居場所を創る「古民家活用プロジェクト」を始動いたしました。
そのプロジェクトの一つとして、この地域の子どもたちが「ここで育ってよかった」と思えるような取り組みを検討するため、 地域の皆さまにアンケートをお願いいたしました。


アンケートの配布・回答につきましては、大和田自治会の皆さま、中込自治会の皆さま、出張プレーパーク(大和田運動広場近辺・旭が丘中央公園)にご参加いただいた近隣の皆様にご協力いただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。



アンケートの概要

地域と子どもに関するアンケート〜あなたの声を聞かせてください〜
配布期間 2019年8月下旬〜10月上旬
配布地域 主に日野市西平山、東平山、旭が丘地域
配布数 442通
有効回答数 91通

▶︎地域と子どもに関するアンケート(PDF)


アンケート結果


▶︎アンケート集計結果(18歳以下のお子さんがいないご家庭)
▶︎アンケート集計結果(18歳以下のお子さんがいるご家庭)


このアンケートをきっかけとして・・・

子どもが豊かに育つためには、地域のあたたかいまなざしが欠かせません。
地域の皆さんとの出会いを大切にしながら、今の子育てや子どものことを共に考え、
大人も子どももつながる輪を創り続けていきたいと思います。




先頭に戻る

おしらせ