おしらせ

2020年

【小1〜小3】冬をあそぼう!がきんちょ団2020

みんなの「やってみたい!」にとことんチャレンジ!日野を飛び出して、冒険の旅



2020.11.10up

冬休み、「子どもの時間」をとことん
全3日|12/26(土)~28(月) 9時~16時
寄り道、道草、迷子!?だってありの「子どもの時間」を
とことん過ごします。
詳細はチラシをご覧ください。



お申し込みは11/24(火)12:30~です。

西野博之氏講演会『withコロナの今だから考える 子どもの大事な命の根っこ』

西野博之氏講演会『withコロナの今だから考える 子どもの大事な命の根っこ』



2020.10.28up

11月29日(日) 10時~12時
日野市市民の森ふれあいホール1F 多目的ルーム
オンライン同時配信あり


思春期の子どもたちの今、そして、子どもたちを取り巻く環境、
今、私たち大人ができることを西野さんのお話を伺いながら考えます。
こんな時代だからこそ、改めて、子どもにとって本当に大切なことを考えてみませんか?

※今年度の講演会は、コロナウィルス感染拡大防止のため、
完全予約制です。


お申し込みを終了いたしました。

飛び出せ!冒険隊!2020~秋のツーリングへGo~

みんなの「やってみたい!」にとことんチャレンジ!日野を飛び出して、冒険の旅



2020.09.24up

自転車で秋のツーリングへGO!
11/1(日) 9時~16時
まだ行ったことのない場所まで行ってみたい!
自転車で風を切って走りたい!
もっと自転車を上手に乗りこなしてみたい!
夏の「飛び出せ!」とは違った、
自転車で遊び尽くす一日です。



お申し込みは10/5(月)12:30~

2020年度 夏の「あそべ!子どもたち!事業」について

2020.06.08up
2020年度 夏の「あそべ!子どもたち!事業」について


 緊急事態宣言が解除されましたが、まだ予断を許さない状況が続いています。
 また、このたびの休校により、幼稚園・小学校の夏休みも短縮されるようです。
 当団体も、毎年行ってきた夏の「あそべ!子どもたち!事業」について検討を重ねてきました。
募集人数を減らしたり、宿泊を日帰りに変更するなどの工夫をしながら、 このような時だからこそ子どもたちが地域の自然の中で仲間ととことんあそぶことを保障したいと 例年とは形を変え、開催することにいたしました。
 日程だけでなく、対象となる方も変わっている企画もありますので、 下記ページをご確認のうえ、お申し込みください。

▶2020年度 夏の「あそべ!子どもたち!事業」の詳細はこちら



緊急事態宣言解除後の「なかだの森であそぼう!」について

2020.05.18up
緊急事態宣言解除後の「なかだの森であそぼう!」について


緊急事態宣言が5月25日に解除されましたが、まだ予断を許さない状況が続いています。
「なかだの森であそぼう!」も東京都の感染状況を見ながら、もうしばらく『ほっとスペース「なかだの森」』として開催していくことにします。
これまで通り、ご家庭での検温、受付簿の記入と、大人の方にはマスクの着用をお願いいたします。
通常の開催は、状況を見ながら都度判断し、HPやFacebookでお知らせいたします。
※緊急事態宣言中と同じように、遠方からのご参加はご遠慮頂きますよう、お願いいたします。



4月29日(水・祝)に第11回定期総会を開催いたしました。 

2020.05.18up
第11回定期総会を開催いたしました。


2020年4月29日(水・祝)午前10時より
オンラインでの第11回定期総会を開催いたしました。
今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、
WEB総会という初めての試みでした。

昨年度の事業報告をいたしましたが、
やはり話題は最近のこと。

特に、当団体の活動の柱である
「なかだの森であそぼう!」を休止し、
「ほっとスペースなかだの森」を開催している中での
子どもたちの様子を正会員の皆さんにお伝えしました。

この活動を継続していくためには、
当団体をご支援くださる方はもちろん
地域の方々のご理解を得ることもとても大切です。
周囲のあたたかいまなざしと
ご配慮に支えられて
子どもたちの居場所が出来ていることに感謝いたします。

2020年度の事業方針は、昨年度と同様
「くう・ねる・あそぶ 
今、あそびの価値を発信する」といたしました。
どんな状況でも、あそびの価値は変わりません。
今だからこそできる発信を頑張りたいと思います。

事業計画については、
やむを得ず変更することも予想されます。
その際は随時お知らせいたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


事務局長 藤浪 里佳




新型コロナウィルス感染拡大防止のため、事務局の在宅勤務を実施いたします。(4月21日(火)~)

2020.04.20up
新型コロナウィルス拡大防止のため、事務局の在宅勤務を実施いたします。


NPO法人子どもへのまなざしは、新型コロナウィルス(COVID-19)の感染症拡大リスクを考慮し、
事務局の在宅勤務(テレワーク)を実施いたします。
当面の間、事務局へのお問い合わせは下記メールアドレスよりお願いいたします。

子どもへのまなざし事務局
info@manazashi2009.sakura.ne.jp

お返事にお時間を頂く場合もございますが、皆様にはご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

事務局長 藤浪里佳




4月17日(金)「なかだの森であそぼう!」も
『休校に伴う「子どもの居場所」~ ほっとスペース「なかだの森」~』 に変更し、開催します


2020.04.16up

4月10日(金)の「ほっとスペース」は、開催への想いを充分ご理解いただいた場になったと感じています。 地域のみなまが、子どもたちにとっての「居場所の大切さ」をご理解いただき、見守っていただいたことを感謝いたします。
明日、4月17日(金)も前回同様にお互いの距離などに注意を払いながら、大人の人数を制限し「ほっとスペース」として開催いたします。
皆さまのご理解、ご協力を重ねてお願いいたします。

「ほっとスペース」は、雨天の場合は中止とします。
プレーパーク「なかだの森であそぼう!」の場合は、雨でも開催していましたが、この様な状況ではテントの下で過ごすとお互いの距離がどうしても近くなってしまいます。途中で、雨となった場合もテントを張らずに解散したいと思います。


代表 中川ひろみ

▶今後の開催予定についてはfacebookでお知らせします
▶『休校に伴う「子どもの居場所」~ ほっとスペース「なかだの森」~』 の詳細はこちら




緊急事態宣言発令中、「なかだの森であそぼう!」は
『休校に伴う「子どもの居場所」~ ほっとスペース「なかだの森」~』 に変更し、開催します


2020.04.08up


▶今後の開催予定についてはfacebookでお知らせします
▶『休校に伴う「子どもの居場所」~ ほっとスペース「なかだの森」~』 の詳細はこちら


◆プレーパーク「なかだの森であそぼう! 」の今後について

2020年4月7日、緊急事態宣言が発令されましたね。
すべての人の行動を出来る限り自粛する1 ヶ月が始まりました。

大変なことも多いけれど、1 日も早い収束のためにこれまで以上に知恵を出し合って暮らしていく必要があります。
今回の宣言を受けて、プレーパーク「なかだの森であそぼう! 」もこれまで通りに開催することは出来なくなりました。

しかしながら、連休明けまでと延長された休校を受けて、子どもたちに「家に居なさい! 」と言うだけでいいのだろうか? それでなくても新年度へ切り替わるこの時期に誰とも関われないことで、自分でも気がつかないうちにストレスをためている子どもたちがいないかと心配です。

もちろん自宅でよい時間が過ごせている子はいいのですが、なんとなくイライラする、生活リズムが崩れてしまった、親との関係が悪いと感じた時の逃げ場の確保が大切だと考えます。

そこで下記のように休校対策として「子どもを真ん中にした居場所づくり」に挑戦することにしました。 様々なご意見はあると思いますが、子どもたちの今の気持ちを受けとめたい気持ちでいっぱいです。
今回の緊急事態宣言期間を地域の皆さんと共に乗り越えるために、知恵を出しあい行動していく覚悟です。


◆緊急事態宣言発令中、「なかだの森であそぼう!」は
『休校に伴う「子どもの居場所」~ ほっとスペース「なかだの森」~』 に変更し、開催します。


いつもプレーパーク「なかだの森であそぼう! 」を居場所にしていただきありがとうございます。

先週4/3 のブレーパークは「これまで通りには開催は出来ない」と1回お休みにさせていただきました。 しかしなから、休校延長が決まり子どもたちの居場所の確保に危機感を感じる事態となりました。

そこで当団体として新たな取り組みに挑戦することにしました。
「これまでここを居場所としていた子どもたちの今の気持ちを聴きたい」「少しでもホッとできるスペースが必要」とさんざん考えた上での開設です。 いつもとは違うルールもたくさん設けざるを得ませんでした。

活動趣旨をご理解いただいた上、ご支援・ご協力をいただければ幸いです。

<詳細>
【開設時間】
10 時~ 17 時( 16 時から片付けをはじめます)
※土曜日の開催はしません。
※雨天の場合は、開催を中止といたします。(テント内で密になることを避けるため、途中から雨が降った場合もテントを張らず解散といたします。)
※なかだ鍋は当面中止といたします。調理器具の貸し出しもいたしません。

【対象】基本的に、これまでなかだの森で遊んだことのある方が対象です。
小学生~ 18 歳以下の子ども
乳幼児は大人の方と一緒の参加となります。
※ただし大人同士の距離やマスクをつけるなど各自配慮の徹底をお願いします。



◆感染しない・させない・広げないために、お願いしたいこと

・電車などを利用した遠方からの参加はご遠慮下さい。
・家で安心して過ごせる人は、ぜひ家で過ごしてね。
・ご家庭で検温をお願いします。検温をしてこなかった方は、受付で検温をお願いします。
・受付でお名前、所属する学校名・連絡先などの記入をお願いします。
・外であってもこまめに手洗いうがいをお願いします。

〇大人の方へ…
大人もコロナウイルスに関する不安な気持ちなどを直接会って話たい気持ちはよく解りますが、今回の取り組みは「子どもを真ん中に」と考えています。
小学生以上の子どもたちは基本的に子どもだけの参加をお願いします。そして大人の行動には充分気をつけて頂きたいです。
それが参加者を感染から守ることにつながると考えます。
大勢で集まってのおしゃべり、至近距離でのおしゃべりについては避けていただきますようお願いします。
お弁当を持ってくることは構いませんが、互いにスペースを空けて周りへの気配りをお願いします。
ただし、どうしても不安な気持ちを聴いてもらいたい。気持ちの整理がつかないなどの方については、相談スペースを用意したいと思っています。

〇食事について…
「なかだ鍋」は当面中止とします。調理道具の貸し出しなどもいたしません。焚き火は設置しますが、いつものように焚き火で焼いてわけあって食べることも禁止とさせて頂きます。 焼き芋は出来ますが、やはり分けあって食べることはしないようにお願いします。
いつものゴザのスペースも荷物置き場のみとします。


◆あそび場の感染予防について

〇スタッフは全員マスクをします。
〇なかだの森のスタッフは、プレーリーダーたもつはもちろん、ボランティアスタッフも全員日野市内在住しており、公共交通機関を使って通ってくる者はいません。 また体調管理も徹底いたします。
土曜日の開催は当面中止といたします。これまで土曜日は家族連れの参加が中心でした。このような事態です。ぜひ、人混みを避け、広い空間で外の空気を胸いっぱい吸ってお過ごして下さい。
〇「密」を避けるため、いつものネットや遊具の設置はいたしません。また遊具などの使用も制限を設けます。

〇今後のコロナウイルス感染拡大の状況の変化によっては、この限りではありません。 その都度判断しHP やFB にてお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。

代表 中川ひろみ








新型コロナウィルス感染拡大を受けて「なかだの森であそぼう!」開催判断について

新型コロナウィルス感染拡大を受けて「なかだの森であそぼう!」開催判断について

2020.04.02up


今後の開催予定についてはfacebookでお知らせします

日々変化する“新型コロナウイルス”関連の状況に右往左往の毎日。 「クラスター」「感染拡大重大局面」 「緊急事態宣言」「ロックダウン」と 聞き慣れない言葉が並びます。

「今は、なるべく外出を避けて家に居ましょう!」と言われても、 いつまで続くか解らな い状況の中、 パワーあふれる子どもを お母さんひとりで抱える姿を 想像するだけで悲鳴が聞こえてきそうです。
4月1日、緊急理事会(ウェブ参加の理事も含めて)を開き、 今後のプレーパーク「なかだ の森であそぼう!」の 開催について協議しました。
3月に入ってからの「なかだの森」は、 毎回大賑わい。
屋外活動の安心感と子どもと過ごす居場所を求めて、 懐かしい顔ぶれや初めて参加する人たちが 大勢参加してくれました。
こんな時だからこそ、プレーパークの果たす役割を 強く実感することとなりました。

しかしながら、 1ヶ月の間に東京都内の感染者数の増加と 世界の医療崩壊の実態。 そして国内の医療現場の悲鳴も聞こえる中、 これまで通りの開催は難しいと確認しあいました。
屋外活動であっても開催するとしたら、 様々な対策をとることが必要となります。
これまでは行っていない受付での検温や 参加者の連絡先の記入はもちろん、 「なかだ鍋を作って一緒に楽しく分けあって食べる」 「大人も語り合い支え合う関係づくりをする」 「子ども が群れてあそぶ空間づくりの工夫」など、 これまで大切にしてきたことが難しくなります。 「なかだの森では、何をやってもいい」という訳にはいきません。
出来る限りの感染予防の対策をしない限り 開催は難しい状況です。
いままで通りの「居場所」を求める声に答えたい。
けれどそのための対策をしっかりと取るために 4月3 日(金)のなかだの森の開催は中止することにしました。

日々状況が変化している今、 次週に関しては未定とさせて下さい。

その都度、状況を判断し、 「子どもが主人公の居場所づくり」をしてきた当団体として、 全力を尽くしていきたいと考えています。
そしてこんな状況だからこそ、 子育て真っ最中のお母さんたちの心の声を しっかり受けとめたい。
不安やモヤモヤを胸の奥にしまって ひとりで苦しまないで! ぜひ今の気持ちを聴かせて欲しい。
集まって語り合うことが難しい今、 メールであなたの気持ちを聴かせていただけるとうれしいです。

また、子どもたちの様子や、今だからこそ している過ごし方の工夫やアイディアも ぜひお聞かせください。
大人の不安は、子どもたちに伝わります。
こんな時だからこそ、 つぶやきあえる関係を大切にしたいと思っています。

そして、1日も早く子どもたちが思いきりあそぶ姿を 大人たちがうれしく見守れる日常が戻りますように 願ってやみません。

代表 中川ひろみ







当団体活動拠点(西平山)にAED(自動体外式除細動器)を設置しました!

当団体活動拠点(西平山)にAED(自動体外式除細動器)を設置しました!

2020.02.17up

この度、帝人株式会社のボランティアサポートプログラムにより、 当法人の活動拠点にAED(自動体外式除細動器)を設置いたしました。
門扉にAED設置ステッカーを表示しましたので、緊急の際はどなたでもご使用いただけたらと思います。







先頭に戻る

おしらせ